セックスレスの原因 セックスレス 解消法 セックスレス 改善法

増加するセックスレス

セックスレス 夫婦 カップル 旦那セックスレスの定義は、病気などにより特に理由がないにもかかわらず、1か月以上パートナーと性交渉がないカップルとされています。


一般的な解釈では、どちらか一方がセックスを望んでいても、長期間出来ない状態をセックスレスということになります。


セックスの回数が少ない、またはセックスがない状態でも、お互いが不満を持っていなかったり、苦痛を感じていなければ、関係が良好ということで、セックスレスには当てはまらないようです。


また、アメリカでは性交渉が1年に10回に満たない夫婦をセックスレスとしており、およそ20%の夫婦がセックスレスに該当すると言われています。


そして、年齢が高くなるにつれ、セックスレスのカップルが増加する傾向にあります。


それは、日本では昔から、夫婦は歳を重ねると性的に積極的であることがよくないこととされる風潮が根強く残っているため、現在でも、夫婦ともに高齢者となってなお頻繁に性交渉があることはとても恥ずかしい事という感覚があるからです。


ある統計では、

・セックスの回数がこの1年まったくない
・セックスの回数が1年で数回程度


と回答したカップルは世代毎に、

・20代で11%
・30代で26%
・40代で36%
・50代で46%


という結果になっています。


しかし、実際問題、男性の生理学的な性欲自体は80歳くらいまでは衰えず、女性は年齢が上がるほど性に積極的になるという傾向があるため、世代が上がるほどセックスレス問題の根は深く、深刻なものになっています。


また、若い世代のセックスレの比率も、海外と比較して決して少ない割合ではありません。


また、セックスレスの原因として、アンケートによる統計を見ると、

・仕事で疲れている
 男性24.6%、女性15.1%

・出産後何となく
 男性13.6%、女性21.0%

・面倒くさい
 男性9.3%、女性18.8%

となっています。


以前は、出産後、男女から両親へと役割が変化する中、いくつかの原因が重なり少しずつ回数が減り、最終的にセックスレスになるという流れが多かったのですが、最近ではそれぞれカップル毎にその原因は異なるようです。


⇒ セックスレスを解消し愛ある幸せな生活を築く方法(女性版)

セックスレスと浮気

セックスレス カップル 夫婦 旦那セックスレスで悩むカップルは数多くいます。

特に、40代のカップルのセックスレスが非常に多く問題視されています。


40代のカップルにアンケートを実施した所、63%のカップルがセックスレスと答えました。


その理由として、一番多かったのが疲れているし時間がない、次にパートナーとはしたくない、次に行為自体好きではないというアンケート結果でした。


セックスレスになる原因はさまざまで、女性側が原因の場合もあれば、男性側が原因の場合もあります。


身体的な理由があり、それをお互い理解していたり、お互いがセックスレスに対して不満を抱いていなければ特に問題はありませんが、どちらかが求めているのに、拒否をするというのはトラブルに繋がりやすくあります。


どういったトラブルになるのかというと、一番は浮気です。


特に男性は本能的に、歳を重ねても性欲が失われることはありません。


また、女性も産後や歳を重ねてから性欲が湧いてきたというのもめずらしいケースではありませんので、どちらかが求めているのに、どちらかが納得できる理由もなく拒否をしてしまうと、違う相手を探してしまうということがあります。


セックスレスが原因で、浮気や不倫をして離婚するというケースもここ最近では増えているようです。


また、最近ではセックスレスが社会問題とされています。


浮気で離婚となる前に、パートナーとのセックスに対して不満を抱いたら、早めにパートナーと話し合い、理解し合うことで少しでもセックスレスを減少させることができるのではないでしょうか。

セックスレスと離婚の関係

セックスレス 離婚一般的に夫婦間において性交が無い状態が一ヶ月以上継続した場合、または不可能な状態やそれに近い男女のスキンシップが無い状態もセックスレスと言われます。


セックスレスな状態というのは、セックスをしたいけど出来ない場合と、したくない場合とに分かれます。


セックスレスは、離婚や浮気の原因に最も繋がりやすくなります。


夫婦関係がうまくいっていない状況の中で、タイプだったりする異性に誘われたり、惹かれたりすれば、忘れていた恋愛に夢中になって気が付けば不倫の関係になっていたりする場合があります。


このようにセックスレスが原因で心身共に満たされていない状態でいると、誰かでそれを満たしたくなってしまうのです。


自分だけではなく、配偶者も同じ環境である以上、同じことが言える可能性は高いでしょう。


特に女性は、気持ちが満たされていると浮気はしません。


寂しい思いや不安があると女性は誰かに頼りたくなる傾向が強いです。


しかし、そんな時にセックスレスの夫に不安や悩みを打ち明けてもしっかりと話を聞いてくれたり、受け止めてくれるとは思えません。


セックスレスな夫婦ほど不倫の危険性は高いのです。


夫婦間の性的交渉は夫婦生活に伴う健康な営みで、夫婦のあり方として大切なものとして、裁判所もその重要性を認めています。


セックスレスでも、お互いの同意があれば全く問題無いのですが、これがどちらかの性交渉拒否となれば、話は違います。


どちらかの性交渉の拒否が長期間に及ぶ場合には、裁判でも離婚が認められる傾向にあります。


しかし、性交渉の拒否理由が、年齢や病気などの身体的理由からの性交不能の場合は離婚が認められない場合もあります。

⇒ もうセックスレスで悩まない! すずね所長の寝室問題一発解消講座

あさイチセックスレス特集で視聴者が騒然

2011年10月19日に放送されたNHKの朝の情報番組「あさイチ」でセックスレス特集があり、司会の有働由美子アナウンサーが自ら膣の締まりを鍛える実演をしたことが、ネットで騒然となりました。


この特集は、批判も含め番組終盤までに寄せられたファックスは1760通と大反響だったようです。


このセックスレス特集では、女性がセックスを拒否することを中心に取り上げた内容でした。


番組内で、膣の表面を触っただけで痛くなる知覚過敏など、セックスレスの引き金となる外陰痛症候群の深刻な悩みなどに専門医が答えました。


尿もれなどに関係する骨盤底筋を鍛えることで、膣の締まりがよくなるとされる磁気治療の紹介で、有働アナ自らイスに座って体験しました。


また途中、ゲストの杉本彩が「なぜ朝からというご意見もいただいてますが、セックスイコールエロと考えすぎています。身体の不調を話すのは普通のこと」とフォローする一幕もありました。


あさイチでのセックスレス特集は、2010年にも放送され反響を呼び、同時間帯では好調な10%前後の視聴率を保ったようです。


夫婦問題に詳しいゲストの池内ひろ美さんは、「時代は変わった。セックスに関することは秘め事というのが日本的文化だったが、それを朝の時間に公共放送でオープンに扱えるのは感慨深い」と語ったようです。


続けて、「苦言もあるだろうが、テレビでやる意味はある。閉経後の痛みから妻の側に拒否されたと感じた夫が、浮気に走って離婚に至るケースもある。セックスの悩みは女性同士でも言いづらいことで、夫婦で情報が必要」と評価していました。



セックスレスの解消法

セックスレス 夫婦 カップル 旦那 解決方法セックスレスの原因によって、セックスレスを解消方法も変わってきます。


身体的、精神的であれば医療治療を受けるべきでしょう。


また、お互いにお互いの状況を理解してあげることが大切です。


また、お互い同意の元である場合には、お互いがセックスレスに対して、不満やストレスを感じていないのであれば、特に問題はありません。


一番セックスレスに多い原因で、解決するのも難しいのが面倒くさい、時間がないなどの理由でセックスレスになることです。


その他の理由として、女性が子供を育てていて忙しくてする暇がない、出産後妻を女として見れない、結婚して生活するうちに愛情が薄れた、などの理由もあります。


どちらかが求め、どちらかが拒否すると、求めている方にはストレスになります。


解消法として個人差はありますが、いつもと違うシチュエーションでセックスをすることです。


例えば、旅行先やホテルなど場所を変えてみたり、いつもと違う下着や服装をしてみるなどがあります。


また、女性側では膣のトレーニングをする、男性が気持ちよくなる方法を学ぶことです。

これらは、産婦人科で講習を受けることが出来るようです。


また、カウンセリングを受けることによって、セックスレスを解消させることもできるようです。


しかし、ここで注意して頂きたいのが、カウセラーは国家資格ではないので、弱みにつけこんでお金を騙し取る所もあるので、よく調べてから行くようにして下さい。


セックスレスで離婚の慰謝料

セックスレス 離婚 慰謝料セックスレスを原因にパートナーと離婚したいと思っている人も多いようです。


では、裁判でセックスレスの離婚は認められるのでしょうか? 


これついては、法律的にはっきりということはできないのですが、セックスレスは立派な離婚原因になりうる可能性があります。


裁判で離婚を認めてもらうには、結婚生活を存続しがたい重大な自由であるという事が必要です。


さて、セックスレスはどうでしょうか?


夫婦間で性行為があるということはごく普通のことです。


一方が性行為を望むのに、もう一方がかたくなに性行為を拒否すると、これは断られた側には非常にショックなことですし、パートナーを愛せなくなってしまうということが容易に想像できます。


この際、パートナーが特別な理由なく、セックスレスを改善しようという努力がない場合には、セックスレスが離婚原因として裁判で認められる可能性が高いといえます。


しかし、夫婦関係が、ただセックスレスというだけでは離婚はできません。


セックスレスが原因で夫婦生活が完全に破綻してしまったときに離婚の正式な理由になります。


そのとき、離婚したい側が全くの責任がないとわかれば離婚半判決がでます。


浮気などを先にしてあとからセックスレスというのは認められません。


また、相手側がEDなどの性的機能不全、または精神の障害などの場合は特別な理由になりますので離婚することはできません。


では、離婚が認められた場合、慰謝料は請求できるのでしょうか?


セックスレスは性交渉の拒否にあたるのですが福岡地裁の判例で、離婚原因で夫が性交渉を拒否し、慰謝料120万円というものがでています。


しかしセックスレス以外は全く問題なくセックスレスだけで夫婦生活が破綻し、離婚ということになると慰謝料は請求できない可能性があります。


セックスレスによる離婚で慰謝料がとれるのは、セックスレスに加えて、なんらかの精神的暴力を受けた時などです。

女性がセックスを拒否する理由

セックスレス 拒否 妻 彼女現代日本にセックスレスのカップルが増えていることには、男性、女性それぞれ事情があるようです。


女性がセックスを拒否する際には、どのような事情があるのでしょうか。


NHKのテレビ番組で紹介された、40代女性の拒否する理由で過半数を占めていたのが、時間がない、疲れているでした。


仕事と家事の二重の負担がのしかかって、疲れてしまっている女性が多いのではないかと思います。


しかし、この理由は男性も挙げる人が多いようで、長時間労働の男女それぞれがセックスレスという形に現れています。


この拒否を別の面から考えると、日本性科学会が、配偶者のいる男女に対し行った調査では、気のりのしないセックスに応じることが、男性はほとんどないのに対して、女性はよくある、ときどきあるがかなり多く、しかも40代から70代へ年齢層が上がるほど多くなる結果でした。


つまり拒否しない理由は、夫が喜ぶから、妻の役割だからが多かったそうです。


また、女性の身心に変化が起きていることもあります。


女性ファッション誌が1980年以来27年間に4回にわたって行っている、20代を中心とした女性の性意識、性行動の調査によると、最近では、若い世代で、性行動への意欲の低下や感度の鈍化が見られているそうです。


オーガズムを得たことがないという回答は、80年の5%から、2007年には35%強に増えています。


もし女性の快感が満足できる程であれば、多少疲れていても積極的になるだろうし、男性にとっても影響が大きいはずです。


こういったことも、女性が拒否する原因だと考えられています。

産後のセックスレスが多い理由

セックスレス 産後セックスレスには、セックスレスになりやすい時期があります。


それは、女性の産後です。


その理由は女性側、男性側双方にありますし、また心理面、肉体面、生活環境面の3つの側面に分けて考えることができます。


女性の身体は、出産が終わると自然にホルモンバランスが変わります。


妊娠中は卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)はどんどん増え、分娩前が最大になっています。


この二つは、排卵など女性機能に最も重要な働きをするので一般的に「女性ホルモン」といわれているものです。


この妊娠中に最大限に高まった女性ホルモンは出産と同時に減ります。


急激なホルモン量の変化が、産後うつやマタニティブルーの原因になるというのは、耳にしたことがある方も多いかもしれません。


出産後、今度は女性の体には「プロラクチン」というホルモンが多く分泌されるようになります。


別名「授乳ホルモン」と呼ばれるもので、卵巣機能を抑制します。


母乳を上げている間は生理になりにくいといわれています。


このプロラクチンは母性本能を促す作用があり、新生児の育児という困難なストレスの多い生活を母親が耐えることができるのは、このホルモンのおかげだともいわれています。


産後の女性の体の中は、女性ホルモンが激減した状態、なおかつ母性ホルモンがどんどん出ている状態なのです。


出産後、全く性欲が湧かないという女性が少なくないのは、育児ストレスなど精神的な原因のほかに、体内のホルモンの切り替わりという肉体的な理由もあるのです。


また、男性側もそういった女性の心理的、肉体的なことを理解してあげることが大切です。

若者のセックスレス

セックスレスと聞くと、結婚歴が長い中高年の夫婦がなるものと思っている人は多いと思います。


しかし、現代の日本では若い世代の結婚をしていないカップルでも、セックスレスに悩む人は多いようです。


両者がセックスレスに対して、ストレスを感じていなければ問題はありませんが、どちらかが求めているのに、どちらかが拒否をしてしまえば、ストレスが生じます。


では、カップルでのセックスレスの原因はどういったことが多いのでしょうか。


家族のような、親子のような、兄妹や姉弟のような近すぎる距離感があることです。


セックスレスの問題で一番大きな原因が、パートナーをパートナーという目で見られなくなってしまうことです。


まるで自分の親のような子どものような、兄弟姉妹のように感じてしまいます。


これは、若いカップルに限らず、結婚してからの夫婦にも一番多い原因です。


とてもラブラブで、人も羨むカップルで、お互い大好きで、いつも一緒にいてというようなカップルが一番陥りやすいケースです。


他人から見ればとても仲の良いカップルなのに、実はセックスレスだった。


というのは、このことが主な原因とされています。


仲が良いことは大変良い事ですが、少し距離を感じられる恋人に戻るのはとても刺激的なことです。


具体的には、二人の時間を持つようにお互いがベストを尽くすことです。


仕事や趣味を言い訳にせず、相手を大切にするようにしましょう。


例えば、休日や相手の仕事が終わった後に待ち合わせをして食事に行くことや、ホテルや温泉でのんびり一泊するのも良いことです。


セックスレスは、変化と勇気で改善に近づけられます。


何もせずにいるよりも、行動を起こすことが大切なのです。

同棲はセックスレスになりやすい?

特に、同棲を始めてからセックスレスになった、というパターンが最も多いようです。


セックスレスになる原因はさまざまです。


ほんの少しのきっかけでセックスレスになってしまうのです。


特に多い原因としては、パートナーをパートナーという目で見られなくなってしまうことです。


まるで自分の親のような子どものような、兄弟姉妹のように感じてしまうのです。


一緒に長く住んでいると特にそのように感じやすいようです。


これは、癒着の心理学というもので、自分自身が両親との関係で、十分に愛情をもらっていないと感じている分だけ愛されたい欲求が強まります。


しかもそれは父親や母親からの特別な愛情だったりします。


そこでパートナーを手に入れるとついパートナーにその役割を求め、満たされない両親からの愛情をパートナーから補おうとします。


意識的に愛されてると思っていても、やはりもっと愛して欲しいと思うものですから、多かれ少なかれ、ほとんどのカップルが通る道だと言われています。


パートナーを家族のように感じてしまうと、男と女ではなくなってしまいますから、自然とセックスがタブーになります。


意識レベルでは夫婦でも、感覚的には親子なわけですから、夫婦のセックスが近親相姦のように感じられてしまうわけです。


仲が良いことはとても良いことですが、ある程度の距離を保つことや、お互いに毎日一緒にいても男と女を意識することが大切だと言えます。

セックスレスの上手な改善法

セックスレス 改善セックスレスになる原因はさまざまですが、セックスレスを改善する方法はその原因によってさまざまです。


心理的なことが原因の場合は、主に2つの改善法があります。


それは、夫婦間のコミュニケーションを満たすこと、女性としての魅力をアピールすることです。


夫婦間のコミュニケーションを満たすことでは、普段からのコミュニケーションが、圧倒的に不足しているという状況下にないか今一度よく考えてみて下さい。


二人きりの時、どれぐらいの時間会話を続けることが出来るのか、離れている間でも、些細なことでメールをしたり電話をしたり、コミュニケーションをとっているのか、二人きりの時間を、会話で満たすこと、お互いの心の距離を満たすことからはじめたほうが良いかもしれません。


次に、女性としての魅力をアピールすることですが、女性としての魅力をアピールするということは、セクシーなランジェリーで主人を誘惑する、ということではありません。


長い間夫婦生活を続けていると、空気みたいな存在と表現されるように、女性という性を妻に対して失っている場合があります。


男性は、女性と比べて、視覚による刺激を受けやすいとされています。


毎日ぼさぼさの頭で、Tシャツ、ジャージ姿で居ませんか?


まずは髪の毛を整えて、アクセサリーをつけてみる。


簡単にできる外見の改善法です。


キレイになる妻を見て、主人はこれまで手の内にあると感じていた妻が、どこか別の場所に行ってしまうのではないかと不安に思うことで、いとおしさが戻ってくる場合もあります。


距離を取るというのも、一つの方法かもしれません。

共有・ブックマーク









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP